これから手作り結婚指輪を検討されている方の中に、自分達で手作りして後で後悔しないか不安に思っている方も少なくありません。このコンテンツでは、後悔しないための気を付けるべきポイントをまとめてご紹介します。

後悔しないためのポイント

指輪の寸法

寸法は、大切な結婚指輪のつけ心地や耐久性などにおいて、とても重要なポイントとなります。寸法が厚す過ぎる指輪では、違和感を感じたりつけ心地が悪くなったりします。返って薄過ぎると華奢(きゃしゃ)になって耐久性が落ちてしまい、最悪な場合変形してしまうこともあります。

そのため、指輪を制作する際は、ヤスリで削ってデザインを成形する工程の前に、コンパスで寸法の参考となるラインを引いてもらったり、サポートしてくれるスタッフの方に寸法のチェックしてもらうことをおすすめいます。

参考コンテンツ:自分達で手作りする結婚指輪の耐久性や強度を考える

価格と寸法の関係に注意

主に、基本料金+材料(貴金属)+オプション(宝石や加工など)の合計で価格が決まる手作り結婚指輪では、材料がプラチナやゴールドなどの高価な貴金属であるため、価格に大きく影響を及ぼします。そのため、低価格を謳って極端に細めの指輪を提供された場合は注意が必要です。

細身も一つのデザインとして成立をしておりますが、極端に細い指輪の場合は上記でご案内したように、寸法が薄くなり耐久性や強度が落ちてしまう恐れがあります。

当サイトを運営しているトリカでは、一生モノの結婚指輪をお客様に提供するために、寸法の確認に徹底しております。また、日常生活で安心してつけていただけるように、お客様の指のサイズ、デザイン、素材まであらゆる要素から最適な寸法を計算しご案内させていただきます。

デザイン選び

結婚指輪は10年20年と末長く着ける指輪となるため、ファッションリングの感覚で選んでしまうと、後で飽きてしまうリスクが生じます。特にら手作り結婚指輪の場合、フルオーダーと同様にある程度のデザインを自由に選ぶことができるので、「せっかく手作りするなら、オリジナリティを出したり個性的にしないともったいないのでは…」とハードルを高く考えてしてしまう方も少なくありません。

そのため、デザインで悩まれた時は、この購入時の自分だけでなく、歳を重ねた自分自身のイメージしながら考えてみると、より後悔しないデザイン選びをすることができます。

お店の指輪のクオリティを確認する

手作り結婚指輪では、「自分達が作るから、お店はどこを選んでも変わらないのでは?」とお考えになってしまう方もいるも思います。しかし、厳密に言うと作り手がおふたりだとしても、制作中のサポートや一部の仕上げのや高い技術が必要な工程などを行ってくれるのは、そのお店ごとにいる専属のスタッフや職人となります。そのため、それぞれのお店によってサポートの体制や、仕上げを手掛ける職人の技術によってクオリティも異なります。結婚指輪を綺麗に手作りするためには、お店のクオリティを確認する必要があります。

お店を選ぶ際は、検討しているお店のホームページから過去の「制作実績」や「ギャラリーページ」などを見て、指輪の出来栄えが既製品に比べて劣ることがないかどうか確認してからご予約することをおすすめです。す。

アフターサービス

結婚指輪は末永く夫婦に寄り添う大切なアイテムです。購入時から長い年月が経った頃、「最近指輪が少しきつく感じてきた」なんて声も先輩夫婦から聞くこともあります。そのため、保証してくれる期間と内容が充実したアフターサービスを提供してくれるお店がおすすめです。

結婚指輪において、アフターサービスの安心は品質と同等な価値を持っているとトリカは考えております。

参考ページ:アフターサービス

まとめ

ご紹介させていただいたポイントは、一生モノの結婚指輪を作る上でとても重要になります。しかし、一部専門的な内容も含まれているので、お作りになるふたりが理解する以上にサポートするお店側が、後悔しないポイントをちゃんと理解してることがマナーだと思います。

今回ご紹介させていただいたポイントに対して、しっかりと親身になって対応してくれるお店選びが結論的には1番大切なことだといるでしょう。

この記事がきっかけで、少しでも満足度の高い結婚指輪が作られたら幸いです。