結婚指輪の仕上げ・加工の意味

結婚指輪の仕上げ・加工は、主に製造において最後行う工程などを指します。
※コンビネーション加工は例外とします。

仕上げ・加工を施す魅力

同じフォルムをした指輪でも、仕上げや加工を変えることによって、綺麗な印象から渋味のあるアンティークな印象など様々なアレンジと、完成した指輪のバリエーションも増やすことができます。

仕上げ・加工の種類

鏡面仕上げ


結婚指輪の定番仕上げとなっているのが、こちらの鏡面仕上げです。金属本来の光沢感と上品な印象が魅力的です。

詳しくは:鏡面仕上げ

槌目仕上げ

ハンマー(金槌)で打たれた凹凸のある仕上がりがワイルドな雰囲気を演出くれます。

詳しくは:槌目仕上げ

アンティーク仕上げ

ハンマー(金槌)で打たれた凹凸のある仕上がりがワイルドな雰囲気を演出くれます。
詳しくは:槌目仕上げ

コンビネーション加工

プラチナとカラーゴールドをつなぎ合わせ、2色以上の色味を楽しむことができる贅沢な過去です。

詳しくは:コンビネーション加工

ヘアライン加工


ストレートな髪のような細いラインを無数に引き、マット感のある落ち着いた加工です。

詳しくは:ヘアライン加工

ミル打ち加工


細かい粒を連鎖させたような見た目をした加工で、無数の粒がキラキラと輝き華やかさが演出できます。

詳しくは:ミル打ち加工

ダイヤモンドポイント加工


ダイヤモンドを砕いた粒子を使い、指輪の表面に細かい凹凸を作る加工で、星くずのような細かい輝きが可愛いのが印象的です。

詳しくは:ダイヤモンドポイント加工